偶関数・奇関数のフーリエ級数、係数の求め方、証明

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

今回は、偶関数・奇関数のフーリエ級数、係数の求め方、証明を紹介します。

 

偶関数・奇関数のフーリエ級数、係数の求め方

まず、偶関数と奇関数の定義を確認しておきましょう。偶関数とは、\(f(-x)=f(x)\)を満たす関数です。\(\cos x\)や\(x^2\)などがそうですね。奇関数とは、\(f(-x)=-f(x)\)を満たす関数です。\(\sin x\)や\(x^3\)などが例です。

偶関数や奇関数のフーリエ級数、係数は、次のようにシンプルに求めることができます。\(f\)を周期\(2L\)の関数としましょう。

 

\(f\)が偶関数のときは、

\[f(x)= a_0 +\sum_{k=1}^\infty a_n \cos \frac{n\pi x}{L}\]

\[a_0 =\frac{1}{L}\int_0^L f(x)dx\]

\[a_n =  \frac{2}{L}\int_0^L f(x) \cos \frac{n\pi x}{L} dx \]

となります。コサインのみの級数となり、フーリエコサイン級数と呼ばれるものです。

 

\(f\)が奇関数のときは、

\[f(x)=\sum_{n=1}^\infty b_k \sin \frac{n\pi x}{L}\]

\[b_n =  \frac{2}{L}\int_0^L f(x) \sin \frac{n\pi x}{L} dx \]

となります。サインのみの級数となり、フーリエサイン級数と呼ばれるものです。

参考:フーリエサイン・コサイン級数とディリクレ・ノイマン境界条件の関係

 

証明

一般に、周期\(2L\)の関数\(f\)のフーリエ級数展開、係数

\[f(x)=a_0 + \sum_{n=1}^\infty (a_n \cos \frac{n\pi x}{L} +b_n \frac{n\pi x}{L})\]

\[a_0=\frac{1}{2L} \int_{-L}^{L} f(x)dx\]

\[a_n=\frac{1}{L} \int_{-L}^{L} f(x)\cos \frac{n\pi x}{L}dx\]

\[b_n=\frac{1}{L} \int_{-L}^{L}f(x) \sin \frac{n\pi x}{L} dx\]

となります(フーリエ係数に関するオイラーの公式)。

また、一般論として、偶関数、奇関数の積分は次のように簡略化できます。

\(g\)が偶関数ならば、

\[\int_{-L}^{L}g(x) dx \\ = \int_{-L}^0 g(x)dx +\int_{0}^L g(x)dx \\ =\int_{0}^{L}g(-y)dy+\int_{0}^L g(x)dx \\=\int_{0}^{L}g(y)dy+\int_{0}^L g(x)dx  \\= 2\int_{0}^L g(x)dx \]

です(変数変換、積分範囲の入れ替えと符号に注意)。\(g\)が奇関数ならば、

\[\int_{-L}^{L}g(x) dx \\ = \int_{-L}^0 g(x)dx +\int_{0}^L g(x)dx \\ =\int_{0}^{L}g(-y)dy+\int_{0}^L g(x)dx \\=-\int_{0}^{L}g(y)dy+\int_{0}^L g(x)dx  \\= 0 \]

です。偶関数なら半分の区間で2倍、奇関数ならば0です。

また、偶関数同士の積、奇関数同士の積は偶関数です。偶関数と奇関数の積は奇関数です。順に確かめてみます。

\[f(-x)g(-x)= f(x)g(x)\]

\[f(-x)g(-x) = -f(-x)(-g(x))= f(x)g(x)\]

\[f(-x)g(-x)= f(x)(-g(x)) = -f(x)g(x)\]

 

これらの性質を利用して、フーリエ係数を計算していきましょう。

まず、\(f\)が偶関数のときを考えます。積の性質から、\(f \cos\)は偶関数、\(f \sin\)は奇関数です。したがって、

\[a_0=\frac{1}{2L} \int_{-L}^{L} f(x)dx\\ =\frac{1}{L} \int_{0}^{L} f(x)dx\]

\[a_n=\frac{1}{L} \int_{-L}^{L} f(x)\cos \frac{n\pi x}{L}dx \\ =\frac{2}{L} \int_{0}^{L} f(x)\cos \frac{n\pi x}{L}dx\]

\[b_n=\frac{1}{L} \int_{-L}^{L}f(x) \sin \frac{n\pi x}{L} dx\\ =0\]

となります。

 

続いて、\(f\)が奇関数のときを考えます。積の性質から、\(f \cos\)は奇関数、\(f \sin\)は偶関数です。したがって、

\[a_0=\frac{1}{2L} \int_{-L}^{L} f(x)dx\\ =0\]

\[a_n=\frac{1}{L} \int_{-L}^{L} f(x)\cos \frac{n\pi x}{L}dx \\=0\]

\[b_n=\frac{1}{L} \int_{-L}^{L} f(x)\sin \frac{n\pi x}{L} dx\\ =\frac{2}{L} \int_{0}^{L} f(x)\sin \frac{n\pi x}{L} dx\]

 

以上、偶関数・奇関数のフーリエ級数、係数の求め方、証明を紹介してきました。

例えば正方波やノコギリ波のフーリエ係数を計算するのに、偶関数・奇関数の計算を知っているととても簡単になります。フーリエ級数の計算では、偶関数・奇関数を意識すると良いでしょう。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

 

Differential Equations and Boundary Value Problems: Computing and Modeling, eBook, Global Edition (English Edition)
Edwards, C. Henry(著), Penney, David E.(著), Calvis, David T.(著)
Pearson (2016-03-02T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.3
¥4,910

 

Advanced Engineering Mathematics

Advanced Engineering Mathematics

posted with AmaQuick at 2021.08.27
Kreyszig, Erwin(著)
John Wiley & Sons Inc (2011-05-03T00:00:01Z)
5つ星のうち4.6
¥6,333 (中古品)

 

講座 数学の考え方〈7〉常微分方程式論
英二, 柳田(著), 伸一郎, 栄(著)
朝倉書店 (2002-01-01T00:00:01Z)
5つ星のうち4.8
¥2,215 (中古品)

 

Partial Differential Equations (Graduate Studies in Mathematics)
Evans, Lawrence C.(著)
Amer Mathematical Society (2010-04-02T00:00:01Z)
5つ星のうち4.7
¥9,531 (中古品)

 

こちらもおすすめ

フーリエ係数に関するオイラーの公式の導出

フーリエサイン・コサイン級数とディリクレ・ノイマン境界条件の関係