数学における^記号の意味、読み方は?

どうも、木村(@kimu3_slime)です。

数学における^記号の意味、読み方を解説します。

 

数学における^記号の意味、読み方

^記号は、数学においてはべき乗(掛け算の繰り返し)の指数を表すために使われます。

例えば、\(3^2=3\times 3\)という式において、左辺の上付きの文字を表すために3^2と書かれます。\(x^2 \)ならx^2ですし、\(e^{-x^2}\)ならe^{-x^2}です。

 

^記号は、サーカムフレックス、キャレット、ハット記号と呼ばれます

僕の日本語話者との経験では、ハット記号と呼ぶのが一番伝わりやすいかと。ただし、3^2と書かれていたら、「さんのにじょう」と読むでしょうが。

一般には、ラテン文字「â」におけるアクセント記号や、顔文字「^^」に使われている記号ですが、数学ではべきの指数を表すために使われています。

 

コンピュータにおける計算でも、ベキを表すために、^または**が使われます。例えば、「3^2」とGoogle検索してみてください

また、このサイトで使用している数式をきれいに表示させるための\(T_E X\)という言語でも、3^2と内部的に書くことで上付き文字\(3^2\)が表示されます。

ワードソフトや\(T_E X\)を使わない普通の文章では、上付き文字を使うことができません(できたとしてもめんどくさいことも)。そのようなときに、\(10^{10}\)のことを

\[10\times10\times10\times10\times10\times10\times10\times10\times10\times10\]

と書いたらわかりにくいです。10^10 と書かれれば、意味するところはわかりやすいですよね。^記号の意味と使い方、伝わりましたでしょうか。

木村すらいむ(@kimu3_slime)でした。ではでは。

 

こちらもおすすめ

線形代数学「ベクトル」を高校数学レベルで解説

「運動」をイメージすればわかる、微分と積分入門